So-net無料ブログ作成

宮本慎也 引退会見 黒田博樹 [プロ野球]

Sponsored Link

19年にわたりヤクルト一筋で3度の日本一にも貢献した宮本慎也内野手(42)が
26日、都内の球団事務所で引退会見をし、今季限りでの現役生活に終止符を
打つことを正式に表明しました。

惜別の声は、日本球界ばかりでなくメジャーで活躍する日本人選手からも上がって
いる様子。かつて、侍ジャパンのユニホームを着てともに戦ったヤンキースの
黒田博樹投手(38)は、こう語っています。

「やっぱり寂しいですね。僕も2日くらい前にメールをもらいましたけど。本当に
キャプテンシーがあって、普通ならあまり言いたくないことでもその選手のため
チームのため、我慢してでも嫌われ役になっていた。

それは日本代表のときしか分からないですけど、ヤクルトでもそういう人だったんじゃないかな。簡単には三振しないし、状況に応じたバッティングしますし、すべての面でチームにとって大事なプレーヤーだったと思います。」と絶賛。

また、同じチームでプレーしたブルワーズの青木宣親外野手(31)は、「人と同じ
ことをやっていては駄目だということを示してくれた先輩だった。常に気を
抜かない。見習うところはいっぱいあった。」と敬意を表しています。

惜しまれながらの引退、でも本人は十分に満足感があったことを会見で語って
いました。今後は指導者への意欲も、立派な選手を育てて欲しいですね。




Sponsored Link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。